2016年8月21日日曜日

セビージャのリーグ戦が今日、開幕

http://www.estadiodeportivo.com/sevilla/2016/08/20/sampaoli-debuta-media-veronica/80963.html

遂にセビージャの2016−2017シーズンのリーグ戦が開幕。その試合を前にエスタディオ・デポルティーボ紙が、その試合をプレビュー。

サンパオリは未完の状態でデビューを迎える

ホルヘ・サンパオリは今日、セビージャが2016−2017のリーガを開幕させることで、ヨーロッパでの夢のプロジェクトをスタートさせる。だが、新たな攻撃的コンセプトは、スーペルコパの3試合では実を結ばなかった。彼に疑問を持つのは早いが、未完の状態であることは事実である。彼は準備のための時間がなかったこと、ラミ、カリーソ、エスクデロ、トレムリナスの怪我、コロジェイチャクの出場停止が影響したことを嘆いていた。同時に彼は自身のアイディアが浸透するには我慢が必要だと話しており、それを急ぐことは選手達へのプレッシャーになるとしている。今節の対戦相手であるエスパニョールは、難しい対戦相手ではあるが、サッカーで唯一認められるのは勝利のみだ。キケ・サンチェスは1−4−2−3−1で、サイドを攻略し、前線でコンビネーションを見せてくるだろうし、その攻撃を司るのはレジェスだ。そしてフィジカルに長けたダブルボランチは、セビージャのスペースを潰しに来る。
ディエゴ・ゴンザレスが再びスタメン
招集メンバーを見ると、守備に怪我人が出ていることから、再びメルカード、ディエゴ・ゴンザレスがスタメンとなり、そしてカンプ・ノウでの試合からの変更点として、イボーラの代わりにパレハが入り、サイドでプレーするのはビトロとマリアーノとなる。前線はビエットとフランコ・バスケスが入り、ベン・イェデルとコノプリャンカはサブとなるだろう。システムは1−3−5−2、1−3−4−3、1−4−3−3とバリエーションが考えられるが、中盤の構成はクラネビッテル、エンゾンジ、清武、ガンソ、イボーラ、ホアキン・コレアの中から選ばれる。中盤から前線は多才な能力を持つ選手で溢れ、試合の主導権を握ることを可能にする。

スタメン予想
セビージャ 1−3−5−2
GKセルヒオ・リコ、DFメルカード、パレハ、ディエゴ・ゴンザレス、MFマリアーノ、清武、クラネビッテル、エンゾンジ、ビトロ、FWビエット、フランコ・バスケス
エスパニョール
1−4−4−2
GKロベルト・ヒメーネス、DFハビ・ロペス、アルバロ・ゴンザレス、オスカル・ドゥアルテ、ルベン・ドゥアルテ、MFエルナン・ペレス、ディオプ、ビクトル・サンチェス、ジェラール・モレーノ、FW縦並びでレジェス、レオ・バチストン

1対1
GK、セルヒオ・リコ対ロベルト・ヒメーネス
セルヒオ・リコはバルセロナ戦で足でのプレーにおけるミスがあり、改善するべき。ロベルト・ヒメーネスはオリンピアコスで3年プレーした後、リーガに戻った。
DF、パレハ対オスカル・ドゥアルテ
パレハはぎりぎりで試合に間に合った。オスカル・ドゥアルテは空中戦で危険な選手だ。
MF、クラネビッテル対ディオプ
両者ともチームにバランスを与え、カバーリングとサポートの動きに注目。
FW、ビエット対レオ・バチストン
昨シーズンはA・マドリードとビジャレアルでフィットしなかった2人だが、どちらも豊富な動きとゴールを備えている。

セビージャはプレシーズンにおいては6戦全勝ながら、公式戦では3連敗中。ここは是非とも勝ち点3が取りたい所だが、サンパオリは勝利よりも、彼自身のスタイルを周到した上で勝利を目指す監督であるため、勝つためには彼のサッカーのコンセプトを選手達が実現する必要がある。セビージャの夜10時15分キックオフとは言え、予想最高気温は31度。この暑さが選手達の体力を削ることは間違いない。全ての要素を考慮に入れて準備が進められているだろうが、その中で清武はスタメン出場するのか。サンパオリはとにかくコンディションが良い選手がこの試合に出場すると前から話していた。彼はカンプ・ノウでの試合に出場しなかっただけに、出場した選手よりはコンディションが良いだろうが、R・マドリード、そしてバルセロナ戦と連続フル出場をしていただけに、疲れがあるかもしれないが、セビージャは各ラインにおいてさらに選手を補強する必要がるとしているため、さらなるレギュラー争いの激化が考えられるので、試合に出場し、少しでもアピール、何より数字を残してもらいたい。
エスパニョールは昨シーズンのチームとは全く違うということを豪語しており、それは選手獲得だけに留まらず、監督交代によりチームのスタイルが変わり、何よりプレシーズンの6試合で負けなし、最後の試合ではユベントスに2−2で引き分けていることから、得点も取れるという印象を残しているため、セビージャはかなり苦戦を強いられるだろう。

エスパニョールが1−4−4−2を起用するとされているが、両サイドは攻撃的に出てくるため、攻撃時には前線に4人が揃う形になるが、レジェスが出場した場合、中盤に来て数的有利、同数を作り出し、機を見てFWを飛び出す動きなども予想されるため、とりわけレオ・バチストンとのカウンターには要注意だが、遅攻に関してもオプションが多く揃っていそうだ。セットプレーではシーズン終盤にディオプが立て続けに得点をしていたこともあり、オスカル・ドゥアルテと共に十分な警戒が必要とされる。
セビージャは怪我人の影響から3バックが予想されるが、レジェスが自由に動くと、CBとレオ・バチストンが1対1になる可能性があるので、4バックの可能性もあるだろう。それにはパレハがどこまで回復できているかがポイントになるだろう。中盤の中央は相手は簡単にプレーしてくるだろうが、サイドの選手達はスピードがあるので、彼らのスピードを消す必要があり、DFからボールポゼッションをしてセビージャにリズムを渡さないことが予想されるので、いかに前線から組織的にプレスをかけるかが重要になる。とりわけポゼッションからのボールロストにおいては、当たり前だが相手のスピードを殺さなければいけず、レオ・バチストンはかなり危険な動きをする。
攻撃に関してはセルヒオ・リコからのビルドアップにおいて、ミスが目立っているので、DFにボールが渡ることを常に考慮してポジショニングを取ることが必然であるが、意外とバルセロナの試合ではこれができなかった。後半には選手達の足が止まっているので、GK、DFはビルドアップというより、意図もなくサイドや、ずるずる引いてくるMFにボールを預ける場面が多々見られた。DFに対していかに中盤中央の選手達が、次のボールの出し所を作りながら動けるか、トップ下のフランコ・バスケスや、インサイドハーフの選手達がずるずる下がって、相手のダブルボランチから逃げてこないかがカギになる。エスパニョールはブロックの外でボールを受けることは許すかもしれないが、その中でボールを受けるプレーには厳しくプレスをかけるだろうが、そのプレスを掻い潜っていくサッカーこそ、サンパオリの目指すものだろう。
後は、インサイドハーフが中に入る時に、FWとサイドの選手がそのスペースを使い、逆サイド、逆のインサイドハーフがFWのスペースに入るという動きは、サンパオリが求めているものだろうが、なかなか公式戦では出ていないが、対戦相手がR・マドリードやバルセロナという、世界トップレベルの質を備えた選手達の集まりであったため、その攻撃が機能しなかったが、ヨーロッパへの大会への復帰を目指すエスパニョール相手にどこまで攻撃が機能し、得点が奪えるかが、見所の一つとなる。

清武に関しては、相手のブロックの外でボールを受け、正確なパスを出すことができるので、ビルドアップに関しては、いかに攻撃に深みを与えるパスを出し、深みを与える位置でボールを受けられるかが、チームの中における彼の仕事になると思う。彼はサイドに張ってボールを受けるよりも、より中でプレーすることが期待されていると思うので、よりゴールに近づくプレーができれば、必然的に数字の残せるプレーに近づいていく。
彼のマークを外す能力はかなり高いと思うので、ボールは入ってくると思うので、ライン間のポジショニングでそこに留まらず、来なければ他のライン間に入っていく、とりわけDFとGKのラインに出て行く動きが見たいし、同じMFの選手達がボールを持った時はそこを突いて欲しい。
FKに関しては、バルセロナ戦で結構蹴っていたが、精度が低かったと思うので、そこからアシストを期待したいところ。ハノーファーではかなり精度の高いキックを見せていたので、まずはホームに慣れて、精度を高めて欲しい。直接FKで狙える位置は積極的にいって欲しい。やはりゴールが欲しい。フランコ・バスケスはR・マドリード戦でゴールを決めて一気に監督、ファンからの信頼を高めた。

2015年8月12日水曜日

バルセロナ対セビージャのすーパーカップ当日

残り約1時間でキックオフとなるスーパーカップ。
セビージャのスタメンが発表され、ベト、コケ、ラミ、クリホヴィアク、トレモウリーナス、バネガ、クローン・デーリ、イボーラ、レジェス、ビトーロ、ガメイロでキックオフを迎えるようです。クリホヴィアクのCB起用は、前日の記事で予想されていたことですが、ラミがスタメンというはセビージャにとっては良いニュースですが、彼のパフォーマンスがどの程度かが気になります。そして中盤は昨シーズンのセビージャを支えたと言える、バネガが先発し、イボーラもスタメンに名を連ねています。新顔はセルタから移籍をしてきたクローン・デーリが起用されていることですが、彼はセルタでの実力を証明しているだけに、活躍が期待されます。そして両サイドでは、新加入のコノプニャンカをベンチスタートさせることを決めたエメリ監督、ビトーロとレジェスを起用することに決め、1トップはガメイロとなります。
昨シーズンのベースを大事にしているように感じるスタメン選手ですが、自分としてのサプライズはベトの先発起用です。彼は昨シーズンは怪我のため、セルヒオ・リコにスタメンを奪われることになり、怪我から復帰したヨーロッパリーグのゼニト戦では、ミスによって2失点を喫し、度重なる怪我もありましたが、セビージャの昨シーズンの正ゴールキーパーはセルヒオ・リコでした。ですが、この大事な1戦にベトが先発復帰を果たしたのは、プレシーズンで監督の信頼を取り戻す活躍を見せたと考えられますが、Twitterではベトの先発起用を不安視する声が出ています。
一方のバルセロナはシュテーゲン、ダニエル・アルベス、マテュー、ピケ、マスチェラーノ、ブスケツ、ラキティッチ、イニエスタ、スアレス、メッシ、ラフィーニャというメンバーが発表されていますが、私の勝手な予想では、イニエスタをウィングで起用し、ラフィーニャが中盤でプレーするのではないかと思います。しかし、ここに来て再びペドロを外すというは、やはり放出が決まっているということなのでしょうか。それともクラブに対して彼をスタメンとして考えていないと、自分のアイディアを示しているのか。
どちらにしても攻撃の面で両チームともに、切り札となる選手を持っているというのは、そのカードを切るタイミングを見るという面でも面白いものになりそうです。
セビージャに関しては守備陣に問題があった場合、右SB以外のポジションは交代を余儀なくされた場合、格段にレベルが落ちる状態であり、ボランチに関しても同様のことが言えます。トップ下にはデニス・スアレス、FWにはインモビーレ、サイドにはコノプニャンカ、そしてまだ見たことのないカクタが控えているので、攻撃陣の控えは豪華な顔ぶれが揃っています。
心配されたコロもベンチ入りを果たしていますが、よほどのことがない限り、起用はされないでしょう。コロとは反対に、エスクデロがスタンド観戦になることになりました。サイドバックの控えはマリアーノとなり、中盤でもDFでもプレーできるルイスミとセルヒオ・リコもベンチ入りしています。

試合の鍵はセビージャの守備。ディフェンスのコンセプトが試合の中で見せられるか、そこからのカウンターを決めることができるかが勝負となります。バルセロナを相手にする場合、メッシを抑えると言われがちですが、それ以外の選手も危険な選手であるため、どれだけライン間を狭くして、チームとして上下に動きながら、守備ができるか、奪いどころを見極めてのカウンターで、サイドのスペースを使いながらも、スピードを落とさない攻撃が求められます。
そして何よりもバルセロナに勝つためには、立て続けに失点をしないこと。無失点で抑えれば勝利の確率は高くなりますが、バルセロナを無失点に抑えるは今のセビージャにできないと思います。1点失点しても、焦らず2失点目をしないこと。ライン間を空けて、チームがばらばらにならないこと。それが重要です。バルセロナは1点とっても次の1点を取りに行くチームです。そこをやらせないことで、必ずチャンスは訪れることでしょう。
エメリ監督がどうプランを立てているかはわかりませんが、彼のプランを90分、もしくは120分プラスPKまで、セビージャというチームがそれを実現することこそが、勝利への道となるのです。

2015年8月10日月曜日

バルセロナ対セビージャのスーパーカップまで残り1日

ブログを全く書いていませんでしたが、セビージャのスーパーカップが後1日に迫ったところで久しぶりにブログを書いてみようと思います。
残り1日となったところで、MARCA紙はエメリ監督にとってのハンディキャップは、カリーソ、エンゾンジの不在と、コロも欠場が濃厚であることだと報道している。公式戦前、最後の練習試合であるAEKとの試合を腹痛で欠場したエンゾンジでしたが、その時の報道ではスーパーカップまでには間に合うとされていましたが、今日、正式に欠場が決まったようです。カリーソに関しては以前から筋肉の怪我により欠場が決まっていましたが、エンゾンジの腹痛はサルモネラに感染したことが原因とされています。欠場が確定しているのはエンゾンジだけですが、彼と同じように、トップチームの複数のメンバーが開いたバーベキューでサルモネラに影響を受けた選手として、コロとラミの名前も挙がっています。エンゾンジはセビージャのドクターチームの決断で欠場が決まりましたが、コロはラミよりも症状が重く、出場が危ぶまれています。ラミに関しては、2人よりも症状が軽く、練習に復帰しているため、出場可能と考えられていますが、これにより純粋なCBはラミだけとなります。
エメリ監督はスタメン選手に変更を加える必要があり、クリホヴィアクをCBで起用すると考えられていますが、この変更によりチームはプレースタイルを大きく変えることを要求されることになると考えられており、特にクリホヴィアクが抜ける中盤の構成では、その穴を埋められるのはカリーソだけであったが、欠場が決まっているため、イボーラ、バネガ、クローン・デーリの内の一人がその役割を担わなければいけないが、クリホヴィアクのようにピッチを広くカバーする能力は期待できないとしている。特にバネガに関しては、ポジションをボランチに下げた場合、守備力に多くの問題を抱えることになるため、ボランチでの起用の可能性は低いと考えられている。
しかし、バネガをトップ下で起用した場合、セビージャにとってポジティブな悩みが生じる。これまでの練習試合では、レジェスとビトーロという2人が両サイドで活躍を見せていたが、そこにコノプニャンカというウクライナの期待の星が加わるため、誰か一人を外すことになってしまう。それを考えた場合、今シーズンの補強の目玉であるコノプニャンカを外すよりも、南米選手権で合流が遅れたバネガを外し、トップ下には好調のレジェスを起用することで、守備の不安を攻撃で解消するのではないかと考えられている。
対戦相手のバルセロナもネイマール、ジョルディ・アルバ、アルダ、ドウグラス、ビダルという選手たちが欠場する情報が出ているので、両チームともベストメンバーを揃えられない試合となるが、両チームにとって大事なタイトルを賭けた試合なので、是非とも良い試合を見せて欲しいと思う。

2015年1月6日火曜日

ストライカーを見つけたコルドバ

ハーフナー・マイクは監督交代により、完全な戦力外となり、コルドバはギラスをストライカーに選んだ。
だが、今回のグラナダ戦で1トップに起用されたのは、Bチームから昇格を果たし、練習試合、国王杯の試合で結果を残したフロリンだった。
基本的な布陣は、1−4−5−1で落ち着いたコルドバだが、注目を集めたのは、左サイドの攻撃的な位置でプレーをしたギラスだった。
これまでのギラスは典型的なFWとして1トップでプレーをしていたが、サイドへ開く傾向があり、その動きをさらにいかすため、左サイドで起用し、彼が左にいても中央に選手が残るように、フロリンを1トップで起用した。これによってコルドバは実質、攻撃時に3トップを形成し、右サイドではフェデがプレーをしたが、サイドの開いた位置でプレーをするよりも、自由に動き回った方が彼の特徴が出ることが明らかになり、2得点目のフロリンのゴールはフェデが左サイドへ流れる動きをすることで生まれた。
対戦相手のグラナダは、ペナルティーエリア付近での質の低さ、特に技術的なミスがあまりに多く、決定的なチャンスを作り出すことに苦労した。守備の局面でも、コルドバの先制ゴールに見られるように、集中力が欠ける場面が多く、チームとして機能していなかった。
今回の勝利で、コルドバはリーガで2勝目を達成し、降格圏脱出まで1ポイントとし、さらにグラナダを降格圏に叩き落とした。
これまで得点力不足が問題であったコルドバだが、2ゴールを決め、フロリン、ギラスというストライカーの2人が共存できることが証明された。
コルドバは今回の勝利で波に乗れるのか、グラナダはこのままリズムを落としていくのかが気になるが、グラナダは木曜日には国王杯のセビージャ戦を控えている。
そしてハーフナーには新たな移籍先を早く見つけてもらい、自信を取り戻してもらいたい。
未だにリーガは日本人の選手にとっての鬼門になっている。


最後に、自分がスペインで関わっているプロジェクト、サッカーのチームマネジメントソフトのホームページのアドレスを載せておきます。興味のある方は、是非連絡してください。
http://www.procloud11.com/index.php?lng=jp

2015年1月4日日曜日

結果だけは残したセビージャ

2015年を勝利でスタートしたセビージャの試合を観に行ってきました。
セビージャが勝利するも、内容は最悪の試合でした。
セルタは前半の内に一人少ない状況になるも、それを全く感じさせない試合を披露しました。
セビージャは逆に一人多いことを感じさせない試合をしてしまったということです。
セルタの良かった点は、ボールを失った後やボールを持っていないときの、チームとしてのプレスの質の高さです。
ボールを失った時点では、まず失った選手、ボール保持者の近くにいる選手が激しくボールに迫り、周りの選手たちはすぐにパスコースを消しにかかり、ボールから遠くに位置する選手たちはインターセプトの準備ができていました。これによりセビージャは、ロングボールを蹴らされる展開となり、ボールを失う場面が多く見られました。そして、なによりも攻撃をしている内に、守備の展開を考える、警戒という戦術が徹底されていました。
さらにセルタは、自陣に引いた時点からの守備でも、的確に相手の選択肢を削り、最終的には縦へのロングボールを蹴らせることに成功します。こうなってくるとセビージャはサイドから攻める選択肢しか残っていなかったのですが、数的有利の時間が長く続いたにもかかわらず、左サイドからしかセンタリングを上げることはできなくなってしまいました。これには、セビージャの中盤にはボールをさばける選手が少ないということも関係しています。どちらかと言えば、守備能力の高い選手が中盤の中央に揃っており、トップ下までうまくボールが入れられないと、試合を作ることができないのは明らかです。
数的優位を生かせなかったのは、セルタのチームとしての仕事がしっかり機能していたことと、セビージャのコンディションが明らかに悪かったことが重なり、セビージャにとっては最悪な試合になってしまいました。スタジアムから試合を観た場合に、コンディションが整っていないことは明らかに観て取れます。数本のダッシュ、ボールを奪いに行くプレー、パスへの走り込み、プレスへの連動などを見れば、セビージャの選手たちがいかに走れないコンディションであるかは明らかでした。そして、前には走れるが、守備で後ろへ走ることができないなど、プロ選手としてはあり得ないコンディションでプレーをする選手もいて、スタンドからは今シーズン一番のブーイングが鳴り響きましたが、それは選手も受け入れるしかないでしょう。

年明けをホームで迎えるという状況から、準備をし易いであろうということが、逆に怠慢を生んだとしか言いようがありません。
2014年最後のエイバルとの試合でも、コンディションが整っていなかったことから、選手たちのコンディションのコントロールができていないのは一目瞭然だと思います。ここを早い段階で乗り越えなければ、一気に順位を落とすことにつながります。そして、もし本気でチャンピオンズリーグを狙うのであれば、アウェーでこれ以上負けることはできませんし、ホームでは引き分けも許されないでしょう。目標へ向かって進むのか、それともその時々の状況で目標を変えていくのか、どこにチームを向かわせるかが、エメリ監督の今しなければいけない仕事だと思います。

2014年12月21日日曜日

最近のチーム状態

リーグ戦も中断期間まで残り1試合。今週は日曜日に試合を行います。
最近のチームはフィジカルトレーニングを中心にトレーニングを行っていますが、もちろんその他のサッカーの要素を疎かにしているわけではありません。
中断期間には選手たちは家族たちと食事をする機会が増えます。その期間も考えてこれまでより、フィジカル、特に持久力に重きを置いたトレーニングをしてきました。
先週の試合は大雨のために中止、まだ日付は決まっていませんが、他の日に行われます。
その前の週は古巣との試合に2−1で負けてしまいました。終了前にオウンゴールという形で負け方としては最悪でした。
それを払拭するためにも、この2週間ぶりの試合でなんとしても勝利して、また良い流れを作り出したいと思います。

明日の試合はアウェーでの試合となり、相手クラブはトップチームが3部に所属する強豪クラブです。
ピッチもうちのホームのピッチよりも大きく、それも考慮した上で、GKを1人だけ招集し、フィールドプレーヤーをいつもより一人多く招集しました。
前回の試合では14人しか招集できず、さらにGKが2人ということで、交代は苦しい状況でした。
そういったことが起こらないため、何よりも勝利するために今回の選択にいたりました。

今年最後の試合を勝利で締めくくれるか。
苦しい一年でしたが、それもまたサッカー。
だからやめられないのでしょう。

2014年12月6日土曜日

古巣と対戦

明日は古巣と対戦です。
もう6年も前になりますが、Sevilla Esteというチームでスペインでサッカーの勉強を始めました。
あの頃は何を言っているかほとんどわからない中、とにかく練習と試合に行っていろんなことを学ぼうと動いていました。
やはりあの頃に比べて、今は好奇心が薄れ、慣れてしまっていることはあります。
あの頃の気持ちを、もう一度あのピッチで思い出したいと思います。

相手は2位に位置し、昇格を争っているチーム。リーグ戦では負けなしを続けているチームです。
クラブには自分がいた頃から知っている人たちが何人かいるので、自分の監督としての成長を見せたいと思いますが、まずは自分のことよりもチーム。
どの試合でも選手たちのモチベーションを高め、チームとして最高の状態でピッチに送り出すのはとても難しいことです。
だからこそやりがいがあるし、それが面白いところでもあります。
相手に臆して先制点を取られるような展開では、結果は明らか。
2位チーム、負けなし。という状況をうまく利用して選手のモチベーションを上げたいと思いますし、その準備は練習からしてきたので、最後の一押しをしっかりして選手たちを送り出したいと思います。
さらに、上位相手に得点をして、最近の目標を達成できればチームとしての成長も見れる、そして何より選手たちが実感できる。
明日はチームの成長が試される試合。そして試合が終わったら、自分が成長できたかどうかを自己判断したいと思います。
充実した1日になりそうです。

最後に、自分がスペインで関わっているプロジェクト、サッカーのチームマネジメントソフトのホームページのアドレスを載せておきます。興味のある方は、是非連絡してください。
http://www.procloud11.com/index.php?lng=jp